2017-02-21

ワンコとの日々



















冬の海辺はサーファーも少なく、寒いけど 波乗りは 冬場 リラックスした練習ができます。

波のない日は、縄文犬と一緒に 浜辺で バードウォッチング。

縄文犬って、ほんと 飼い主次第。

根気も、愛情も 惜しみなく与えて 呼び戻しができることはもちろん、無駄吠え(鳥が逃げてしまいます。)をさせずに 待たせる等、古代、日本人が この島に渡って来たときに 一緒にやってきたであろう犬のDNAをもっているので、最近は ワンコから教えてもらうことが多くなりました。

天然記念物 柴犬保存会の お仕事には 感服するばかり。

勉強、勉強、そして 練習、練習。


2017-01-11

出雲




























日本海で 今年の最初のサーフィンと思ったのですが、波無し!

雨が凄く降る2日間で、バードウォッチングも ままならず。。

鳥さんは めっちゃくちゃ沢山 いすぎて 何処を どう探鳥してよいものやら

日本って 凄いなぁ。


2017-01-05

1月














あけましておめでとうございます。

今年も よろしくお願いします。

2017年3月25日より 写真家 石川梵 先生の 初監督作品

「世界でいちばん美しい村」が

松竹東京劇場より 全国でロードショーされます。

お時間 ございましたら、是非、劇場へ足をお運びくださいね。


世界でいちばん美しい村


12月
















12月は 暖かい日が多く 太平洋側の サーフポイントも 水温が高いので 今年は助かった感で、波乗りできました。

相棒の縄文犬も 穏やかな海で 色んな犬本来の感覚を そのDNA に 顧みていたんじゃないかなぁと。。

私も この一年 、さて 来る一年 を がらにもなく 考えた訳です。

海の鳥、陸の鳥、山の鳥

来年は酉年を迎えますね。

2017年も 良い年でありますよう。

2016-11-18

November















11月 気温差が非常に激しい。

アメリカの大統領選が、最大の話題となった 今月。

さて、来る12月は どんな月になるんだろう。

波乗りは 東向き、南向きのうねり。

日本海も いい波が来る月になりました。

11月は、サーフィンにいく途中、田んぼで狩りをする チョウゲンボウに出会いました。

カモさん達も どんどん増えてきましたね。


2016-10-25

レジェンド


















とても幸運なことに、10月は 長野県の 日本を代表する写真家 宮崎 学 先生の アトリエ を 訪問することができました。

日本の自然報道写真家として第一線で活躍され お忙しい中 ご無理を御願いして お会いすることができました。

所狭しと カメラとハンダ、100円ショップで購入出来るようなタッパーや、配線や、ロボットカメラと連動する フラッシュ等 が 山のように積み上げられた 部屋には 圧倒されることしきり。

長野県の 豊かな自然の中の散策では ツキノワグマの 痕跡や、野鳥達の巣等 (実際に ロボットカメラが設置されている場所)ちょっと ありえない場所に はっきりと示された 自然のサインを 先生は野性のような 気づきで カメラを仕掛け、そのカメラのデータには その営みが はっきりと 貴重な資料のように 記録されていました。

唯一無二 とは こういう写真のことだったんだ。

ロボットカメラによって 撮影された 日本の 野鳥や野生動物の 活き活きとしたその姿は、やはり 人間がシャッターを切る(ピントを合わせ、追随し、シャッターを押す = 人の気 )ことでは 恐らく写し得ない。

計算しつくされた、構図、構成には ただただ、驚いてばかりの私でした。

観察(年間四季を通して 行動を読み 記録し続ける)ことの重要さ、日本の自然環境の昨今の状況等が、先生の膨大な資料室に山積みされており、発売されている先生の書籍に、その一部が発表されています。

日本を愛する 皆さん 日本の自然は もの凄いですよー!

視点と 発想の転換の起爆剤ともなる 宮崎学先生の 各書籍は アマゾン等で 簡単に買えますので、写真を試みる方、すでにベテランの御先輩方々にも オススメです。

ネットに露出する 先生の 写真ではなく、 書籍(紙に印刷され、キュレターによって構成され、先生自身が説明している/ネットではやはり限界がある)の方が より 深く 日本の自然(野鳥や、野生動物)写真に対する 読解力が増すはずです。

参考書籍 : 直近


(2016年 10月号の アサヒカメラ 宮崎学の自然報告 生きもの新世紀 「カケス」)



2016-09-27

Septembre

































1月から6月まで まったく台風の来ない年でしたが、7月からは 大変。

9月も 太平洋側のうねりは大きく ロングボーダーも 入れるポイントを見つけたら 早めの1ラウンドというような 日がありました。